粉体塗装の協同精機 独自の高い技術力で、皆様のニーズにお応えします

粉体塗装(パウダーコーティング)の特徴

キズに強く高品質で長寿命、人と環境にやさしい塗装。
それが粉体塗装(パウダーコーティング)

環境汚染の要因であるVOC(揮発性有機化合物)の放出がない、人と環境にやさしい塗料を使用しています。
強い強度と防錆に優れ、製品の寿命が格段に向上します。

強い塗膜

粉体塗装は焼付(加熱)することで、溶融し樹脂と硬化剤との化学反応により、強固に密着した高分子被膜(塗膜)が形成され、再び過熱しても再溶融することのない強固な塗膜となります。
1度塗りで40〜125μmの膜厚が得られ、溶剤塗装に比べ数倍の厚みとなります。
強固で厚膜の粉体塗装(パウダーコーティング)はキズに強く、かつ柔軟性があり耐薬品性、耐食性、耐摩耗性にも優れています。

粉体塗料の種類

エポキシ系粉体塗料
屋内製品用
耐薬品性、防食性、耐熱性に優れる
自動車部品、家電製品、計器、水道管、鋼管など
エポキシ・ポリエステル系粉体塗料
屋内製品用
耐食性、に優れる
鋼製家具、事務機、自動車部品、電気部品、各種金具
ポリエステル系粉体塗料
屋外、屋内製品用
耐薬品性、耐食性、耐候性に優れる
外観、薄膜性に優れる

家電製品、建材、外柵、建設機械、農機具、自動車部品、汎用金属製品など

優れた防錆能力

塗膜が厚く、ピンホールも少ないので、粉体塗装された金属が空気に触れにくく、錆びにくい特性があります。
耐候性、耐湿性、耐熱性などにも優れています。
道路資材や建設資材など耐候性が求められる製品にも採用されています。

安定した色調

液体塗料では粘度調整や季節によるシンナー変更など、塗装条件により色調変動が生じるが、粉体塗料はこれらの変動要因は無く一年を通して安定した色調や光沢が得られるます。

安定した色調

多彩な模様意匠性

用途にあわせ様々な意匠性(メタリック・ハンマートン・凹凸模様・スエード調・サテン調・石目調)を備えた塗料があります。

トータルコストの削減

粉体塗装(パウダーコーティング)は、高品質・長寿命で、再塗装することが少なく、ランニングコストを削減でき、トータルコストの削減につながります。

人と環境に優しい

粉体塗料は有機溶剤や水などの溶媒を用いない、100%固形物の塗料のためVOC排出量がほぼゼロ。
合成樹脂、顔料を主体に必要に応じて硬化剤や添加剤などを配合した粉末状の塗料。従来の溶剤塗料と異なり、有機溶剤に溶解しにくい高分子量樹脂の使用が可能で、その樹脂の優れた性能が与えられます。

塗料の種類 VOC含有量塗装方法環境保護特性
粉体塗料0〜0.5%以下 静電
水性系塗料7%以下刷毛・ローラー・吹き付けなど
ハイブリッド系塗料30%以下吹き付け・静電×〜△
溶剤系塗料25〜50%以下刷毛・ローラー・吹き付けなど ×〜△

また、平成13年に「グリーン購入法」が制定されて以来、国などが調達する物品については環境に配慮した物を採用する動きが加速しています。